‘ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

鹿児島市消防局様へAU420W納入

2021年4月9日 金曜日

2019年に無料出張デモで実際に製品を確認いただいたことがきっかけで導入することが決まりました。

プロペラが無いJET船外機は導入次年度に無料1年点検を実施していますので、導入後も安心してお使いいただけます。

鹿児島市納入

鹿児島市_1

鹿児島市_2

鹿児島市_3

人吉下球磨消防組合消防本部様へAU420N納品

2021年3月16日 火曜日

令和2年7月豪雨を教訓に

令和2年7月3日から7月31日にかけて、熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した集中豪雨。熊本県を流れる球磨川水系は八代市、芦北町、球磨村、人吉市、相良村の計13箇所で氾濫・決壊し、約1060ヘクタールが浸水した。
国土地理院の浸水推定図によると、球磨村渡地区で浸水の深さが最大9メートルに達したとみられる。人吉下球磨消防本部も1階部分が浸水してしまい、使えなくなった車両が何台もあるとのこと。

2019年に球磨川でデモを行ったことがきっかけでAU420N(JET船外機付)を導入することが決まった。

集合写真

穴が開いても沈まないボートに車輪を付けて専用車両に搭載。
どんな現場でも対応可能。

クレーン吊り上げ写真

駿東伊豆消防本部様へAU380W納入

2021年2月8日 月曜日

駿東伊豆消防本部様では過去に市街地が浸水する救助現場にて、通常のゴムボートでは隊員の負担が大きかったため、パンクしないウレタン注入ボートに車輪を付けた仕様を今回導入しました。

駿東伊豆消防様納入

宮古地区広域行政組合消防本部様へ2艇目納品

2021年1月13日 水曜日

2018年度に山田消防署様へAU380Wが1艇納品されました。そのボートで救助活動を行った際に表面にキズが付きましたが、ウレタン注入ボートであったためパンクしませんでした。

その経験をもとに、2艇目の同型ウレタン注入ボートが2020年に宮古消防署様へ納入されました。

集合写真(機関誌・HP用)

検収風景(HP用)

軍艦島クルーズ船 フェンダー使用状況の調査

2020年12月16日 水曜日

長崎県内の観光スポット「軍艦島」へ向かうクルーズ船を運航しているシーマン商会様へ5年前に納品しましたフェンダーの使用状況を調査してきました。
今後さらに耐用年数を向上させるため、調査結果を基に製品改良していきます。

 

シーマン商会スタッフ様の説明風景
シーマン商会スタッフ様の説明風景

軍艦「土佐」に似てることから軍艦島と呼ばれる
軍艦「土佐」に似てることから軍艦島と呼ばれる

ウレタンフェンダー
ウレタンフェンダー

クルーズ船
クルーズ船

 

鹿島地方消防本部へAU420W納品

2020年10月14日 水曜日
鹿島地方事務組合消防本部様へ水害救助艇(ウレタン注入ボート)AU420W 
を10月13日に納品しました。

2015年に近隣で甚大な被害が発生しました関東東北豪雨を教訓に穴が開い
ても沈まないボートをご検討いただき、導入までにデモンストレーション
を2回実施してきました。
そこで確かな製品であることをご確認いただき導入に至りました。

出張デモンストレーションを実施していますのでお気軽にお問い合わせく
ださい。

鹿島地方消防局
車輪
吊り上げ
救助ネット

江戸川区へのインタビュー記事が掲載されました

2020年9月29日 火曜日

「特注セーフティボートで水害から住民を守る!江戸川区の挑戦。」とのタイトルで
自治体向け冊子ジチタイワークスで江戸川区へのインタビュー記事が掲載されました。

WEB版
https://jichitai.works/article/details/384

jw11

 

磐田市消防本部 水害救助用セーフティボートを使用した救助訓練実施

2020年8月24日 月曜日

磐田市消防本部様にて水害救助用セーフティボートを使用した訓練を実施していただきました。
集中豪雨などで実際に使用できるのか、想定される場面を設定して製品確認をしました。

 

6名乗船時の確認

1、定員6名乗船時の船の強度や浮力を確認(SB290)
→大柄の隊員もいたが、十分な浮力が確認できました。

 

車いすと介助者を救助する確認

2、車いすと介助者を救助する確認
→安定したえい航が可能で、車いすは本体のブレーキだけでもあまり動かなかった。
(実際に使用する際は固定用ロープを使用することを推奨)

車輪を利用して陸へ上がる確認

3、車輪を利用して陸へ上げる確認
→車いすと介助者を乗せたまま陸へ上げることが可能

 

 

令和2年7月豪雨にてウレタンボートが出動

2020年7月31日 金曜日

000

熊本県を流れる球磨川が氾濫、決壊した令和2年7月豪雨の救助に岡山県警察本部機動隊へ納品しました
水害救助ボートAU360Wが使用されたことが中国地方の新聞に掲載されました。

江戸川区[水害対策] セーフティボート106艇納品開始

2020年5月20日 水曜日

江戸川区様_訓練の様子(メイン画)

img

東京都江戸川区は荒川、江戸川の最下流に位置しているため、大雨が降ると大半が江戸川区へ集まる。また、海抜ゼロメートル地帯が約7割あり、過去には大きな水害が発生している。
いつ発生するか分からない水害対策として、区内の小中学校と区役所へ「組立不要で沈まない」「陸上では運搬車」として使用できるセーフティボート(SB290)106艇が配備される事が決まり、納品を開始した。

SB290

 

東京都江戸川区のホームページで紹介されました

https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e004/kuseijoho/kohokocho/press/2020/05/0526.html